バドミントン

桃田賢人の年収とスポンサーは?世界ランキング1位は賞金いくら稼いでるの?

どうも、どんぐりです~

 

バドミントン桃田賢人選手は
世界ランキング1位でまだまだ
勢いがとまらなそうですね~

 

そんな桃田賢人選手ですが、
世界ランキング1位だと、
年収はどのくらいなの?
というのが気になりますよね。

所属のNTTからの給料
獲得賞金でだいたい年収
どのくらいになるのか
調べてみました。

あわせてスポンサーに
関してもきになったので
まとめておきます。

スポンサーリンク

桃田賢人選手の年収は?


出典:http://www.yonex.co.jp/badminton/players/post-20.html

バドミントン桃田賢人選手は
世界ランキング1位で、
2020年の東京オリンピックでは
金メダルの獲得も期待されています。

そんな桃田選手の現在の年収
関してですが、収入源は

  • 所属企業からの給料
  • 出場した大会成績による賞金
  • スポンサー契約の契約金

3種類が考えられます。

 

実業団に所属している
バドミントン選手の平均とすれば
年収400~500万円のようで、
普通の会社員と同じくらいなのかなー
といった感じですね。

 

桃田選手の場合は、
NTT東日本からの給料は
500万円程度のようですが、
気になるのは、大会での
獲得賞金です。

 

桃田選手が2019年に出場して
優勝した大会の賞金金額を
合計してみると、なんと、、、

53,803,750円(110円/ドル)

でした。

5000万円超えてますね~( ゚Д゚)

 

でも、これは優勝した大会の
賞金のみの合計なので、

ほかにも準優勝とかベスト8とかの
賞金を足すとさらに増えるという
ことです。

NTT東日本の給料と合計して
6000万円近くといったところ
でしょうか。

 

優勝している大会がい多いので、
やはり大きな金額になりますね~

 

参考までに2019年の桃田選手の
大会の成績を以下にまとめて
おきます。
※()内は優勝賞金です。

 

  • マレーシアマスターズ 2回戦敗退
  • インドネシアマスターズ 準優勝
  • ドイツオープン 優勝
    (11,250ドル…1,237,500円)
  • 全英オープン 優勝
    (70,000ドル…7,700,000円)
  • マレーシアオープン 2回戦敗退
  • シンガポールオープン 優勝
    (26,625ドル…2,928,750円)
  • アジアバドミントン 選手権優勝
    (30,000ドル…3,300,000円)
  • スディルマンカップ 銀メダル
  • インドネシアオープン 2回戦敗退
  • ジャパンオープン 優勝
    (49,000ドル…5,390,000円)
  • タイオープン 1回戦棄権
  • 世界選手権 優勝
    (120,000ドル…13,200,000円)
  • 中国オープン 優勝
    (49,000ドル…5,390,000円)
  • 韓国オープン 優勝
    (33,000ドル…3,300,000円)
  • デンマークオープン 優勝
    (54,250ドル…5,967,500円)
  • フランスオープン ベスト8
  • 福州中国オープン 優勝
    (49,000ドル…5,390,000円)
  • 香港オープン 1回戦棄権
  • 全日本総合バドミントン(開催中)

 

ちなみに、賞金とかは50万円を
超えると賞金も課税対象となる
ようですね。

 

それにしても、バドミントンが
こんなに稼げるとは思っていません
でしたが、

実業団に所属している
トップ選手の場合は
年収2000万円という金額は
珍しくないようですね。

意外にも「実業団に所属するトップ選手であれば、2000万円以上の年収がある」とはバドミントン関係者。

引用:日刊ゲンダイより

バドミントンはわりとマイナーな
スポーツのイメージがありますが、
トップ選手であれば、わりと
稼げるスポーツなんですね~

 

世界の各地で全12戦行われる
「スーパーシリーズ」には
それぞれ賞金も出ていて、

さらにその成績上位者で優勝を争う
「スーパーシリーズファイナル」
賞金総額はなんと100万ドル
なんだそうです。

日本円にすれば1億ですね。

これにはビックリです。

 

しかも、2018年からは大会の
格付け変更に伴って賞金総額も
増額されたということで、

バドミントン界はプチバブルとも
いわれているらしいです。

 

もともとバドミントンの国際大会の
賞金額は最近右肩上がりだったので、
さらに賞金増額というのは選手に
とってはうれしいことですよね。

 

バドミントンという競技では
世界のトップ選手であれば、
かなり稼げるようだという
ことが判明しました。

 

実際に、世界のバドミントンの
トッププレイヤーの年収は4億円
とも言われているようなので、

この先、桃田賢斗選手も
億を超える金額を稼ぐ可能性は
高いと思います。

スポンサーリンク

桃田賢人選手のスポンサーは?


出典:https://www.badspi.jp/201911271840/

桃田賢人選手はもともと
ヨネックスとスポンサー契約を
結んでいたようですが、

以前、違法賭博事件が
あったことで、契約は
一度解除されたようです。

 

で、現在はどうなのかというと、
桃田選手のスポンサーに関する
情報は見つかっていません(>_<)

 

一応、ラケットやシューズなどの
バドミントン用品はヨネックスの
ものを使っていますし、

ヨネックスのホームページにも
トッププレーヤーとして
紹介されてはいるんですよね。

ヨネックスの桃田選手紹介ページ↓
http://www.yonex.co.jp/badminton/players/post-20.html

 

ですが、スポンサー契約が
されているのかどうかという
ところまではわかっていません。

スポンサーに関しては
情報がわかり次第、
追記していきます。

桃田賢人選手のwiki風プロフィール

ここで、桃田賢人選手の
簡単なプロフィールを
まとめておきます。


出典:https://www.sanspo.com/sports/news/20190418/spo19041815310001-n1.html

名前 桃田賢人(ももたけんと)
生年月日 1994年9月1日
年齢 25歳
出身地 香川県三豊市(三豊郡三野町)
出身中学 富岡町立富岡第一中学校
出身高校 福島県立富岡高等学校
身長 175㎝
血液型 A型
利き腕
種目 シングルス
所属 NTT東日本

桃田賢人選手がバドミントンを
始めたのは小学校1年生の時で、

姉が所属していたバドミントンの
クラブチームのコーチに誘われた
のがきっかけだったそうです。

6年生の時には全国小学生選手権の
シングルスで優勝しており、
その後も中学3年生の時に
全国中学生バドミントン大会で
優勝しています。

高校時代には世界ジュニア選手権で
日本勢で初めて優勝するなど、
注目を集めていました。

 

高校卒業後にはNTT東日本に入社し、
その後は実力をつけて
世界ランキング2位まで浮上しました。

ですが、2016年のリオオリンピック
直前に東京都内の違法カジノ店で
賭博をしていたことが判明し、

日本バドミントン協会、所属企業から
処分を受けて、もちろん、
オリンピックの出場選手からも除外
されてしまいました。

ですが、1年後には復帰し、
精神的にさらにレベルアップしたと
多くの人が認め、応援される
選手になっていきました。

 

そして、2018年には日本男子史上初の
男子シングルスの世界ランキング1位
となり、多くの注目を集めました。

 

ちなみに、桃田賢人選手の
「けんと」という名前は
『スーパーマン』の主人公、
クラーク・ケントが由来なんだ
そうです。

世界で一番強い人になるようにと
名付けられたそうです。

世界ランキング1位になっていますし、
オリンピックでの活躍に期待ですね!

スポンサーリンク

桃田賢人選手の年収に関するまとめ

最後に桃田賢人選手の年収
関する内容をまとめておきます。

 

  • 桃田賢人選手の収入は所属企業の給料、
    大会の賞金、スポンサーとの契約金の
    3種類が考えられる。
  • 所属企業のNTT東日本からの給料は
    年間500万円程度らしい。
  • 2019年に出場した大会の賞金は
    5000万円を超えている。
  • スポンサー契約に関しての情報は
    いまのところ不明。
  • 今後は億を超える年収を得る
    可能性もある。

 

以上、桃田賢人選手の年収に関して
でした。

 

今後の活躍もたのしみですね!

 

最後まで読んで頂きまして
ありがとうございました。